Vergnes のすべての投稿

簡単!毎日30秒で腰痛を改善

急に腰がズキンズキンと痛む! なんだか腰が重くて気だるい! そんな時、腰が痛いからといって、腰だけに原因があるわけではないんです! 腰が痛い時は、原因は他にある場合が多いのです。 例えば、「ひざが痛いのをかばって歩く」「足首の捻挫して、完全に治らないまま放置して、痛みをかばうために、歩き方にゆがみを生じて、それが腰痛につなるケースが多いんです。それ以外にも、腰回り周辺の筋力の低下により、腰に負担が集中して、腰痛に繋がることも! 日常生活の天敵!『腰痛』 そのほとんどの原因は”背骨のゆがみ””腰回りの筋力の低下」「血流の悪さ」が起因です。 この3つの原因をやっつければ、腰痛なんて怖くないんです! そこで、この腰痛三大原因を、1日たった30秒、朝とお風呂上がりに一回づつやるだけで、腰痛回復に期待がもてる簡単なストレッチを紹介します。

【1日たった30秒、朝とお風呂りに2回!腰痛効果に期待できるオススメストレッチ】 先ずは、膝立ちの状態で、左右のひざをくっつけます。その際、かかともシッカリとくっつけ、ゆっくりお尻をおろし正座をします。 このとき、左右のかかとが離れないように注意しながら、左右両足に体重を載せるよう意識して、この状態を30秒キープします。 そして、お尻を持ち上げて、はじめの膝立ちの状態に戻り、片足を立てて、ゆっくりと立ち上がります。 この運動により、歪みのある背骨を矯正し、立ち上がる際には筋力アップに、そして血流の促進も期待できます。また、とても簡単で運動量も少なく、運動の得意不得意に関係なく、無理なく継続できます。 1日たった30秒! 朝とお風呂上がりに2回だけ! たったこれだけで、生活の天敵「腰痛」をやっつける効果が期待できます。誰でも簡単にできますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!これで腰痛なんて怖くありません。人生100年時代!腰痛をやっつけてやりましょう!

[2021年3月]雲のやすらぎを格安で購入できる!?

アレルギー持ちの子どものために知っておくこと

アレルギーには様々種類があります。子供がアレルギーになる理由は免疫力が過剰反応してしまうからです。
普通は食事をすれば美味しく食べて体が健康になります。しかし少し刺激のある食べ物や刺激のある物質を取り入れると体の免疫力に刺激を与えてしまいます。普段なら問題ないはずの体が神経を刺激してしまうと、アトピーや食物アレルギーの原因に繋がります。
子供のアレルギー防ぐには子供に何を食べたらいいかあるいは食べてはいけないか教えることです。子供に突然学校で食べ物の過剰反応で体調を壊してしまったら大変です。
例えば、卵アレルギーの場合ゆで卵や目玉焼きだけではなくパンに含まれている卵やお菓子に入っている卵にも気を付ける必要があります。
アトピーの場合は外的刺激を受けないように保湿クリームを塗ったり刺激物を体につけないようにしたりすることが大切です。アトピーの私でも保湿クリームを選ぶときも成分を気にして買います。そのため毎日脚の後ろにぶつぶつ出来物が出来て改善するのが大変だったこともあるほど重要なアレルギーです。
アトピーを刺激する外的な原因としては、他に体の摩擦から来る刺激もあります。衣服の生地、椅子の作りも関係しています。体を掻きむしることで、一時的に楽になっても、さらなる悪化から慢性的なストレスにも繋がるし、アトピーの改善を妨げる行為にもなります。
アレルギーを防ぐには親にも子供にもアレルギーについてよく勉強することが大事です。親がアレルギーを理解していないと子供が食物アレルギーなのに無理に押し付けて食べ物を食べさせてしまいます。一方子供が自分のアレルギーを分かっていないと子供が大人になっても自分のアレルギーが分からず毎回体を壊してしまいます。誤ってアレルギーになるものを食べてしまった場合はすぐ病院にかけつける必要があります。子供によっては命の危険にもなり体を崩すどころか倒れてしまう子供もいます。
子どものためにも親子でアレルギーについて勉強して向き合っていくことがとても重要なんです。
最後に補足として、病院で診てもらうのであれば、食物アレルギーなら小児科、アトピーなら皮膚科がオススメです。診てもらう場所によって良い薬の処方や対策、アドバイスを貰える方を選択するのが改善の鍵となります。

成長期の子どもには雲のやすらぎプレミアムが必須!?

快眠には必須である成長ホルモンについて

私達には体内時計が備わっていて、朝起きる時間、眠くなる時間などある程度生活のリズムが決まっています。

これには睡眠ホルモンであるメラトニンが作用しています。

しかし、不規則な生活やストレスでホルモン分泌が不規則になり、バランスが崩れてしまい睡眠障害になってしまいます。

健康でバランスの取れた生活を送るためにもメラトニンについて異界を深めていきましょう。

まずメラトニンは睡眠に関わる多数のホルモンの代表格であり、脳の松果体というところから分泌されます。身体は休息をせずずっと稼働すると、疲労やストレスでボロボロになります。こうならないために、身体をしっかりサポートするために睡眠で身体を休めるために、休息を促す作用としてメラトニンが力を発揮します。

夜になるとメラトニンが分泌され、数時間で眠気が起こり、睡眠中も分泌されます、

朝日光を浴びると分泌が止まります。

このサイクルが毎日規則的に繰り返されるようになっているので、夜ふかしなどが原因でバランスが崩れるといったことが起こります。

 

徹夜はご法度ですが、日常生活の中でもメラトニンの分泌を妨げる罠があります。

  • 朝日光を浴びない。

朝しっかり日光を浴びることでメラトニンの分泌がとまり、体内時計がリセットされまることでバランスが取れます。しかし日光を浴びないとメラトニンの分泌を抑えられず、夜寝れないといったことになりかねないです。朝起きたらまずカーテンを開けてにっこうを浴びましょう。

  • 夜も明るい部屋で過ごす。

普段どおり部屋の電気を明るくして過ごしていると中々眠くならないのは、メラトニンの分泌が始まらないためです。徐々に照明を暗くするか、間接照明を使うなどすればメラトニンの分泌が促進されます。

  • スマホを長時間見る。

これはほとんどの方がやってしまっていいると思います。スマホは強い光を発しているため、脳が昼と勘違いして覚醒してしまいます。睡眠の2-3時間前までにスマホは見ないように心がけましょう。

 

上記で紹介した内容に気をつければ、メラトニンもバランス良く分泌されて、生活のリズムも今以上に改善すると思います。睡眠に関する記事も以下に貼ってますので、こちらもご参考いただけたらと思います。

 

関連記事はこちら