Bucchi のすべての投稿

老犬がフードを食べないとき

愛犬がシニア期になってご飯をあまり食べないけど大丈夫かな?
といった疑問をお持ちの飼い主の方も多いでしょう。

本記事では老犬がドッグフードを食べない原因を詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

1,加齢に伴い運動量が減った

犬も人と同じく年齢を重ねると運動量が減ることが多いです(もちろん元気なシニア犬もいますが)
運動量が減るとお腹もすきにくくなるので、たくさん動いていた若いころと比べると食べる量が減る事は珍しくありません。

2.病気の可能性がある

病気にかかった場合、まず食欲が落ちることが多いです。ただのわがままかな?あまり動いていないからかな?とご飯を食べないことを放置していると病気が進行して取り返しのつかないことになることも多々ありますので、ご飯をまったく食べないときは早めにかかりつけの動物病院に連れていくようにしましょう

3、ストレスが原因

犬も人と同じで度重なるストレスが蓄積すると、ストレスにより食欲が落ちることもあります。

普段スキンシップや散歩を飼い主がさぼっていると愛犬のストレスはみるみる内に溜まってしまい病気の原因にもなりますので、大切な愛犬がストレスを感じないようにしましょう。

4,嗅覚、味覚の衰え

シニア期のわんちゃんは嗅覚や味覚が衰えることがあります。ドッグフードを温めたり、トッピングしてあげるなどして愛犬の嗅覚・味覚を刺激してあげることも大切です。

5,ドッグフードがあっていない

シニア期のわんちゃんは歯のトラブルを抱えていることもあります。歯や顎が弱くなっているわんちゃんに粒の大きい固いドッグフードを与えるのはよくありません。ストレスもかかります。

愛犬が歯や顎にトラブルをかかえている場合は、獣医さんに相談することはもちろん、ドライフードではなくウエットフードやセミモイストフードを与えてあげるのも一つの手です。

※老犬の体重管理に要注意

運動量が減った場合、たくさん動いていた若い頃と同じ量のご飯やカロリーの多いご飯を食べていてはあっというまに太ってしまいます。
シニア期になると足腰、関節などが弱りがちなので、体重が重くなれば重くなるほど、怪我のリスクが増えてしまいますので、シニア期になるほど愛犬の体重管理には十分に気をつける必要があります。

 

シニア期のわんちゃんにおすすめのフードはピッコロドッグフードです。

ピッコロドッグフードに関して詳しくまとめた記事がありますので、是非参考にしてください。

ピッコロドッグフード 口コミ