離婚に保険をかけていませんかぁ?

離婚で賢い方法を考えるおはいいけれど、卑怯な手や愚かな手は取ってはいけまs年。
離婚のことについてあれこれ聞かれても、即座にすべてあからさまにせずある部分は隠しておくことも賢い方法ですが、あきらかに自分を偽ったことを言うのは卑怯ですし、ことさらに誇張するのは愚かです。
よく同性にはちっとも好かれないのに異性にはすごく愛される女性や男性もいますが、こういう人たちは多分、卑怯か愚かのどちらかの可能性が高いです。
確かに異性に限って言えば、その手のやり方に引っかかる相手もいるのですが、引っかかった状態はいつ魔d芽生続きあm線。
いつかボロがでてバレてしまいます。

少しでも離婚を有利に進めようと相手を引っかけたり、あるいは引っかかったり

それでは「策士、策に溺れる」ようなことんみなりかねません。

離婚する覚悟と決意があるのなら離婚に保険はかけてはいけないのです。

離婚する覚悟と決意が固まったのならば、離婚した後の現実から目を背けてはいけません。
離婚後は大変なことが待ち受けています。
生活費も自分で稼がなければなりません。
子育ても一人でやっていかなければなりません。
離婚をいったん口に出したのなら、もう後には戻れません。
相手が離婚に同意しようがしまいが、もう後戻りできないのです。

離婚を切り出すのは浮気相手と別れさせるためですか?
離婚を切り出すのは、これからの生活でイニシアチブを自bぬんが撮るためですか?
離婚をちらつかせて相手を自分の思い通りに鵜が課そうなんて考えてはいけません。
きっとそれは、裏目になる可能性が高いです。

離婚という言葉はそんなに軽い言葉ではないのです。

一旦離婚よ言う言葉が口から出たbのならば、もうそれは勝つか負けるかの真剣勝負です。

離婚してもしなくても構わない?
そんな状況で使う言葉ではないのです。

離婚という言葉を出せば相手がひるむ?
それはあなたの勘違いなことも多いこともしておいてください。
相手は「渡りに船」と喜んで離婚してくれることも多いのです。
住宅ローン 離婚できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です