家族に水虫がいる場合はマットなどを使い分ける

水虫の原因は白癬と呼ばれる真菌が、皮膚に付着することで感染します。白癬菌はカビの一種で、水虫と言うと足を思い浮かべますが、手や頭にも感染するのが白癬菌の特徴です。とはいえ、白癬菌が定着して症状が悪化するのは、9割以上が足である言われています。感染は基本的に、水虫の患者が足から白癬菌が付いた角質を落とし、そこに水虫のない人が踏むことで菌が足に付着します。その他にもネコなどのペットから白癬菌をもらうこともありますし、柔道などの裸足で競技を行うスポーツでは畳から手足や頭に感染する可能性があると言われます。家族の中に水虫の患者がいた場合は、バスマットやトイレのスリッパ、畳や床などの環境の中に白癬菌が付着するため、感染を予防するために、患者が日常で使用するものとは別々に使い分けることが重要です。また靴下などを履いていれば予防ができると思われがちですが、白癬菌は靴下の編み目よりも小さなため、ストッキングや綿のソックスでは編み目が大きいため効果が見られません。布でできた足袋では目が小さいことから効果があるとされますが、四六時中履いているわけにもいかないので、あくまで予防として使用することになります。靴などを買い替える必要はありませんが、毎日履いていると菌はなかなか死滅しないので、1日置きに別の靴に履き替えるのが良いとされます。同様にバスマットなどを使い分ける際も、数日おきに別のものに替えると良いでしょう。白癬菌は裸足で踏むと皮膚に付着しますが、この時点ではまだ皮膚の表面に付いているだけで感染したとは言えません。白癬菌はおよそ24時間の時間をかけて角質層の内部に入り込むので、それまでに足を綺麗に洗って置けば感染は防ぐことができます。水虫にかかっている患者の治療は重要ですが、感染を防ぐためには、家族の人も手足を綺麗に洗う必要があります。